効果的な照明って?

照明というものは、空間デザインにとって大変重要です。そして照らすものと照らされるものがあってはじめて成立するのではないでしょうか。

例えていうなら美術館はどうでしょう。たくさんの美術品それぞれの魅力を最大限に引き出すため、照明の角度なんかはかなり緻密に調整されていると思います。
店舗デザインにおける照明も、とても重要になってきます。

植物の鉢やお花、テーブル、時にはキッチンにも、特別に照明を当てることで特徴のある空間へと作り変えることができます。また、全てを明るく照らすのではなく、あえて陰影を利用することで空間の広がりを演出することが出来たりします。

洞窟の照明なんかはとてもよい例で、明るく照らされた場所から暗い場所へ、そのまた逆に、暗い場所から明るく照らされた場所へ行くと、同じ空間でも大きく雰囲気を変えています。

一つの店舗の中でも、明るさを変えて空間を設定することで、明るいところが好きなお客さんも、暗いのが落ち着くお客さんも、どちらのタイプのお客さんにもお気に入りの席を提供することが出来るのです。

こう言った照明効果は、その器具により予算の高い低いはあるものの、工夫次第では低予算での実現も出来るようになります。つまり、店舗デザインとして取り入れやすいものであると言うことです。

こう言ったアイディアやセンスは、自身の展開したい業種以外の場所でも多くのヒントがあります。すごく良い空間だなと思う場所に足を運び、実際にどう言った照明効果を行っているのか学びに行くのもひとつの方法です。